アクセス解析 人気ブログランキングへ 2○歳女性会社員のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄人はだし

転職してから2ヶ月間は研修の日々なのですが、
本日もその研修に行ってきました。

全員中途入社の社員で女性ばかり。
20代~40代まで色々な年代の社員が集まっています。
丸一日研修所に缶詰で、勉強をしています。

一番早く出社し、日課のくじを引きました。
社員同士の親睦を深めるために、毎日席替えを実施しているようです。

私:「ふふん♪最近くじ運がいいからな~!今日も一番後ろだといいなぁ!」

えいっとくじを引いたところ、思惑通り一番後ろの席をゲットしました!


私:「やっほい!ぐふふふ♪」


日ごろ全くついてないのに、こういうどうでもいいくじ運はあるんです。


研修が始まるまでぼーっとしていると、隣の席を引き当てた40代くらいの女性(松田さん・仮名)が出社して来ました。

私:「おはようございます。今日一日よろしくお願いします。○○(私)と申します^^」

松田さん:「松田です。よろしくね!・・・んん?」


そう言って私をじーっと見つめる松田さん。
え?何かついてる?もしかして鼻毛出てる・・・?

松田さん:「その肌艶からすると、さてはあなた20代ね!」

私:「あ、は、はい^^;」

松田さん:「いいわねぇ。でも、気をつけなさいっ!今に皺だらけになるんだから!」

私:「・・・^^;」

松田さん:「でも羨ましいわ~!20代ならクリーム代もかからないでしょ!」

私:「い、いやぁ、20代って言っても後半ですし、前半の頃とは違いますよ・・・。」

松田さん:「何をおっしゃい!そんなピチピチな肌してっ!」

私:「いや~、そんなことないですよ~。ぐふふふふふ^^」


自分の肌をほめられて有頂天になりながら、お手洗いへと向かいました。
そしてまじまじと鏡を見ると・・・。
ちがーう!違うやないかいっ!何を有頂天になっとるんや!
ピチピチなのは若さじゃない!
ただ単に太ってるだけやないかい!


鏡に写る二重アゴを悲しく撫でながら、
研修室へと戻りました。


そして午前中の研修が終了し、お待ちかねのランチタイム。
松田さんと一緒にお弁当を食べることになりました。

松田さん:「まあっ!あなた若いのにお弁当作ってきてるの!?」

私:「え、ええ、まあ。貧乏なので^^;」

松田さん:「んまー!最近の若い子は偉いわねえ!」

私:「あ、あはは^^;」

松田さん:「ところであなた、結婚の予定はないの?」

私:「残念ながら全く・・」

松田さん:「あら!人生決断が肝心なのよ!じゃないと、私みたいになるわよ!
      こんな計画性の無い人生を歩んじゃだめよ!」

私:「^^;」

松田さん:「このまま一人でマンションなんて買ってみなさいっ。悲惨なことになるわよっ」

私:「(マンション買っちゃった!ゾクゾク!だって、前職が不動産業だったから!家賃よりローンのほうが安いし)」

松田さん:「しかも、猫なんて飼った日にはもう独り者確定ね!」

私:「(ウッウググググ!最近捨て猫を引き取って育ててる・・・!)」

松田さん:「ど、どうしたの?さっきから青い顔して!」

私:「じ、実は、マンション買って猫も最近子猫もらって飼ってるんです・・・^^;」

松田さん:「え!?そ、そそそそそうなの^^; まあ、若いのにマンション買うなんて!英断よっ!」

私:「そ、そうですか。」

松田さん:「うふふふふ^^;」

私:「あ、あはははは^^;」



なんとなく気まずい空気が流れました。


松田さん:「それより、それ何食べてるの?」

私:「あ、○ニストップで買った健康補助食品ですっ!カロリーメイトみたいな。」

松田さん:「あら、○ニストップ好きなの?」

私:「ええ、まぁ。」

松田さん:「うちの近所にもね、○ニストップがあるんだけど・・・。なぜか店員がいつ行ってもインド人かお婆ちゃんしか居なくてさぁ。」

私:「なかなか珍しいコンビニですね!」

松田さん:「でしょ?うううっ・・・どうしよう・・・」


いきなりうろたえ始める松田さん。


私:「どうしたんですか?」

松田さん:「きっと私も年寄りになったら、コンビニでバイトするんだわっ。こんなに人生設計ができない女なんですものっ」

私:「^^;」

松田さん:「ううっ・・・。入れ歯をモゴモゴしながら『いらっしゃいましぇ。』って言うんだわっ」

私:「そんなことないですよぉ」

松田さん:「ううっ・・・」


急に落ち込み始める松田さん。

私:「ところで松田さんは前職は何をされてたんですか?」

松田さん:「え、前職?・・・ちょ、ちょっとカウンセリングの仕事をしてたのよ」

私:「カウンセリング?すごいですねー!」

松田さん:「仕事柄タロット占いも得意なんだけど、明日やってあげようか?」


仕事柄タロット占いが得意って・・・どんなカウンセリングの仕事なんだ!?
で、でも・・・興味ある!


私:「ぜひ!やってください!」

松田さん:「わかったわ。明日持ってくるわね。ところで○○さんは何の仕事をしてたの?」

私:「私は不動産の営業です。」

松田さん:「あら!道理で20代にしては落ち着いてると思ったわ!」

私:「え?そうですか?」

松田さん:「うん、なんか若い割には堂々としているもの。いいことだわ!」


体が大きいから堂々としているように見えるだけでは・・・?
い、いかん、悲観的になっては!


松田さん:「でも、若い女の子で不動産の知識持ってる人なんてそうそう居ないから、
      今後お客さんと不動産の話になったら『君は若いのに玄人はだしだなあ』って言われるわよ」

私:「ん?クロウトハダシ・・・?」

松田さん:「え!?もしかして玄人はだしが分からないの!?」

私:「^^;」

松田さん:「い、いやだわ!最近の若い子は使わないのかしら!」


青ざめる松田さん。

そんなに若い若い連発されても・・・私もうアラサーなんですけど・・・。
でも、下手に『もう若くなんてないですよ~!』なんて言ったら気を悪くするだろうし・・・。
難しい・・・実に対応が難しい・・・。


とりあえず、明日タロット占いしてくれるらしいんで、楽しみに出社しまーすっ!
終わり!
スポンサーサイト

マダムキラー

お久しぶりです!
またまた更新がとまってしまい、自分のズボラさに嫌気が差しています。
・・・という毎度の反省はここまでにしてと。

とりあえず近況報告をします。

昨年の宅建は・・・またもや1点足りずに落ちました!笑
3年連続1点足りずに落ちるって、逆についてるんじゃないかって感じですよねー!
ということで、私には不動産業向いてないやってやっと気づき、
今月転職しました。

新しい仕事は、金融業界・・・とだけ言っておきましょう。
むふふ。
東京都内から神奈川県に引越し、毎日1時間半かけて通勤しております。

しばらくネットできる環境が無かったのですが、
今流行のWifiとやらを手に入れたので久々に更新してみました!

私のどうでもいい近況報告はこの辺にして、と。
今日は初めてスカイツリーを見に行ってきました。
そのお話を書きます!


地元の友達(女)が、研修にため先日から都内に滞在していました。
今日が最終日ということでランチでも行こうということになり、
お互い田舎者らしくスカイツリーを見に行ってきました。

私:「ひさしぶり!迷わなかったー?」

友達:「うん、何とか迷わずにこれたよ^^」

私:「東京初めてなんだよね?よく迷わなかったね~!私なんて最初は迷って迷って大変だったよ!えっへん!」

友達:「それがさー、夜行バスで一緒になったおばちゃんがすごく親切でさぁ。隣の席だったんだけど、
    色々教えてくれてさっ。」

私:「へぇ~、そうなんだ。夜行バスで一緒になった人と話すなんて珍しいね!」

友達:「うん。なんか気さくなおばちゃんでさ。私が高尾まで行くって話したら、
    『あらっ、高尾ねっ!何にも無いとこだけど、いいところよ~!かくかくしかじか』って
    高尾までに行き方を詳しく教えてくれたの。」

私:「まぁ、なんていいおばちゃん!」

友達:「えへへ。おまけに、
    『夜行バスに乗るんだったら、座席は必ずトイレの前の3Cを選ぶことね!』って親切にアドバイスしてくれて!」

私:「え?何でトイレの前がいいんだろう。」

友達:「座席を思いっきり倒せるから、らしいよ。」

私:「ふうん。」


寝ている間に大きいほうでもされたら、堪ったものじゃないけどなぁ。


私:「それだけ仲良くなったなら、連絡先でも交換したの?」

友達;「まさかぁ!降りるとき、色々親切に教えてくださってありがとうございました!って声かけたら、
    『いつかまたどこかで会えればいいわねぇ^^』って笑顔で言ってくれたけど。」

私:「おばちゃんが言いそうな台詞トップ10に入ってそうだね!」

友達:「^^;」


そうこう話しながら、ランチを済まし、スカイツリーのある押上へと向かいました。
渋谷で半蔵門線に乗り換え、ふぅと一息。

・・・とその前にハチ公を見学し、パシャリと一枚写メを。
今日のハチ公さんは何かを羽織っていて、
10人くらいの大人が一生懸命パシャリとやっていました。


私:「うぷぷ・・・。」

友達:「?」

私:「いや、この光景なんとなくシュール。」

そして、地下鉄へ。

友達:「ねえ、さっきからこの電車景色が変わらないけど、何で?」

私:「え・・・?」

友達:「?」

私:「これ地下鉄・・・」

友達:「う、う、うん。それくらい知ってるよぉ^^;」

私:「ニヤリ」


田舎者の辞書に地下鉄という文字は無いのです。
私も初めて乗ったときははしゃぎ過ぎて周りの人たちに白い目で見られました。

友達:「そうそう、さっきのおばちゃん話の続きなんだけどさー。」

私:「うんうん。」

友達:「研修先でもおばちゃんに助けられちゃって!」

私:「え?また?」

友達:「今度は、東北から来てたおばちゃんなんだけどさ。私早めに会場着いてボーっとしてたら話しかけてきて。
    『あら、お一人?お茶でもしましょ!』って声かけてくれたの。」

私:「へぇ~。」

友達:「それからずっとそのオバチャンと行動してたんだけどね。」

私:「え?ほとんど参加者って同年代だったんじゃないの?」

友達:「う、うん^^;」

私:「そ、そう^^;」

友達:「でも、すっごくいい人だったの!帰るとき、みかん送りますね!って言ったら、
    『んだんだ!こっちもりんご送るから!』って言ってくれて」

私:「ちょっと、涙ぐまないでよ~!」

友達:「だって・・・もう二度と会えないかもしれないのに・・・グスン」

私:「^^;」


そうこう言いながら、押上に到着。
改札を出ようとしたとき・・・


ピンポーン


友達がチャージ不足で改札を通過できませんでした。
後ろを振り向くと、子犬のような目で私を見る友達の姿が・・・。
私は無事、先に改札を通過していました。

私:「だ、大丈夫?チャージ自分でできる?」

友達:「う、うん!」

駆け足で清算する機械のところまで戻る友達。


・・・5分経っても戻ってこない。
う、うう、大丈夫かしら。
もしかして迷っちゃった?


そう思いかけた頃、子犬の目をした友達が戻ってきました。


私:「大丈夫だった?遅かったから迷ったのかとおもって心配したよ。」

友達:「うん、何とか大丈夫!またおばちゃんに助けてもらっちゃった!」

私:「え!また!?」

友達:「うん^^ 機械の操作法が分からなかったから、おばちゃんにやってもらった!」

私:「なんだそのマダムキラーっぷりは!」

友達:「えっへん!」


駅から出てスカイツリーを見ようと歩いたものの、
なかなかいいスポットがありませんでした。
意気消沈しながら歩いていると、またもやおばちゃん!

見知らぬおばちゃん:「スカイツリーがきれいに見えるのは、こっちじゃなくて業平橋のほうよ!」


そうサラッと言って、颯爽と去っていきました。


私:「またおばちゃん!」

友達:「この数日でおばちゃん運を使い果たしそう!」


スカイツリーの写真を数十枚撮影し、
携帯のアルバムの中が少しシュールな感じになったのを確認し、
新宿へと向かいました。

また夜行バスで戻る友達を見送ったあと、
私も電車で帰宅することに。


うう・・・土曜日なのになかなか混んでおる。
座れない。


仕方なくつり革につかまり、立つことに。
しばらく行くと、私のまん前の席が空きました。
荷物を網棚に載せていたので、よっこいしょと下ろそうとしていたところ、
隣に立っていたおばちゃんが突然私の目の前の空席に大きなお尻をよっこいしょと・・・。

え、えぇぇえええ。
それはルール違反ですよ・・・。ううっ。ひどい。ひどいよぉ・・・。


やっとの思いで、駅に着き、階段を上っていると・・・。
小奇麗な格好をしたおばちゃんにひじがあたってしまいました。
すると、

小奇麗な格好おばちゃん:「ちょっと!ぶつかってこないでよ!」

私:「す、すみません」

うう・・・なんだこれ。
このおばちゃん運の悪さ!
友達と大違いやんけ!
都会のおばちゃん怖い・・・。うううぅぅ。


極めつけに、もう一発!

そのあと、スーパーで夕食のお寿司を買うことに。

お!ベストタイミング!
半額シールが貼られよる!

1つ780円のお寿司に半額シールが貼られるのをこっそりと待つことに。
うふふ・・・!今夜はお寿司ー!


すると、半額シールが貼られた瞬間、どこからともなくおばちゃんがやってきて、
3つ残っていたお寿司全てをかごの中に入れました。


OH NOOOOOOOOOOOO!


ということで、
楽しい楽しいスカイツリー観光にお話でした!
久々にパソコン触ったから指がつりそう~^^

10月17日運命の日



みなさん、コンバンワン^^
久しぶりのゆうなさんの登場だよ~!
うふふふ^^
いやー久々に立ち直った!
久々に立ち直っちゃった!
久々に趣味の映画鑑賞ができて立ち直っちゃった!!!
今日は「乱暴と待機」見てきたよん^^
面白かったー!マジオススメ!

さて、何に立ち直ったかといいますと・・・


・・・うん、見事にね。
やっちゃいましたよ。
宅建。
宅地建物取引主任者資格試験!!
受けてきたよー。


今日は、その日!まさに10月17日の日記!


そう、恐怖の日がやってきました。
10月17日。
三度目の正直の日。
宅建試験は年に1度しかありません。
過去2年間、1点足りずに落っこちています。

試験は13時からなので、当日はゆっくりと睡眠を取り、
いや、ゆっくりと睡眠を取り過ぎ、
朝ごはんを食べる暇もなく、急ぎ足で家を出ました。



やややややっちまった~!
余裕ぶっこいでたら、こんな時間に!
ハラ減った!
こんなにお腹空いてたら力が出ないよぉ。。。


お腹を空かしながら、会場がある駅へと向かいました。
そこの駅にはアウトレットモールがあり、
何度か遊びに来たことがあったので、
駅前にはなまるうどんがあることも知っていました。


うふふ、時間も無いし、ここはチュルッとうどんにしよう^^
勝つうどんー!(勝つどー!)


意気揚々とはなまるうどんへと向かいました。


・・・・なんじゃこりゃーーー!!!


そこには長蛇の列が。


しまったーーー!
今日はよりによって日曜!しかもお昼時!
アウトレットモールに集まる買い物客でごった返しとるやないかーい!


私は、勝つうどんを食べるのをあきらめ、
ほかの飲食店を探しました。

しかし、どこも家族連れやカップルで一杯!


どどどどどうしよう・・・。
このお腹の空き具合じゃ、とてもじゃないけど試験に集中できない!
かと言って手軽に食べられる店も無い!


うう・・・どうしよう・・・。


青い顔をしながら歩いていると、
アウトレットモールのなかにシャレオツな(お洒落な)スーパーがありました。


し、しかたがない!
このシャレオツなスーパーでパンでも買うか・・・。


私は家族連れやカップルで一杯のスーパーに足を踏み入れました。

は、恥ずかしい!
こんなスーツ姿の小太り会社員がこんなシャレオツなスーパーに一人で足を踏み入れるなんて・・・。
周りの目が怖いわ!


一人で顔を赤らめながらパンコーナーへと向かいました。


で、でも背に腹はかえられない!
何でもいいから胃袋へ!

パンコーナーに入ってすぐ、今日という日にふさわしいパンが置いてありました。


「カツサンド 545円」


ウォーーー!
カツサンドやぁぁぁぁ!
今日という日にふさわしい!
ふさわしすぎる!
これにするしかない!
周りの目!?気にしてられるかー!
ワシは・・・ワシはこれを食って試験に勝つんやー!!!


周囲の視線をもろともせず、カツサンドを鷲掴みにし、
レジへと向かいました。


すると、そこには女子大生くらいのギャル店員が2人・・・。



アワワワワワワ・・・。
こんなナウでヤングなギャル店員のところに
スーツ着た小太りの女がカツサンド一つ持って並んだら
絶対にバカにされる!
私が店員なら確実に帰ってからブログのネタにする!


『皆さーん!聞いてくださぁい♪今日アウトレットモールにあるスーパーのレジのバイトしてたんですけどぉ。
 スーツを着た小太りの女がカツサンド一つ鷲掴みにして駆け足で向かってきたんですぅ。
 あれ、絶対○○大学でやってた宅建の試験受けに来てる不動産屋ですよ!景気付けにカツサンド買いに来たんですよ!
 超必死でしたもんwwwマジウケルwwwww』


って、私なら確実にネタにする!


これは避けなければ・・・。


私は即座に方向転換をし、隣のレジに居た推定50代女性店員のところへと向かいました。


50代女性店員:「いらっしゃいませ」

私:「・・・。」

50代女性店員:「545円のお買い上げです。」

私:「・・・。」

50代女性店員:「ちょうどお預かりします。・・・試験頑張ってね!(小声で)」

私:「!!!」



バレバレやん!
景気付けにカツサンド買ったんバレバレやん!
どうやら私のように景気付けにカツサンドを買う受験者が多いらしく、
目立つ位置にカツサンドを配置していたみたいでした。

私はオバサンに笑顔でお辞儀をし、
そそくさと外に出ました。


ふぅ・・・大恥をかいちまったぜ!
もう!私ったら見栄っ張り!

さて、カツサンド食うか^^


・・・どこで食べよう。



スーパーから出て気がつきました。
だってここはアウトレットモールの中。
会場の大学は目と鼻の先だけど、さすがに会場でカツサンド食うのは恥ずかしすぎる。
かと言って、ここで食べるのも恥ずかしすぎる。
ど、どうしよう。
会場で食べるか、ここで食べるか。

ええい!恥は掻き捨てだい!
ここで食っちまえ!


私はスーパーの前に配置されているベンチへ腰掛けました。
隣のベンチにはカップルが。
その隣には似たようなスーツ姿のおじさんが座っていました。

私はカツサンドとばれないように、袋の中からこっそりと取り出し
大口を開けて貪りつきました。

う、うまい・・・ぐふふふふ。
でも、ここ人通り多すぎだよ!
皆見てるよ!
アウトレットモールでスーツ姿でカツサンドに貪りつく私を見てるよ!
隣のカップルなんて、生ゴミを見るような目でこっちを・・・。(決して被害妄想ではありません)
そのまた隣のおじさんも・・・っておい!
おじさんもカツサンド食っとるやないかい!
おじさんもカツサンドで景気付けかい!

てか、おじさんと同じ状況でカツサンド食べてる20代の私って・・・。


なんとかかんとかカツサンドを食べ終え、急ぎ足で会場へと向かいました。


ウップ!カツサンド量多いわ・・・。
お腹一杯・・・。
無理して全部食べるんじゃなかった。

えーっと、教室はこっちかな?
その前にとりあえずトイレ・・・。


私はトイレへと向かいました。

きっ、汚いっ!!!


そこはもう1ヶ月以上掃除してないだろ!と言わんばかりの汚さ。
床にはどこの毛とも分からない毛が散乱し、
個室の中でもないのにトイレットペーパーの切れ端が・・・。
作りはすごく新しくてきれいなのに、
洗面台は水滴と水垢だらけ。
ここはまるで戦場でした・・・。

でも、用を足さないわけにもいかなかったので我慢して個室に入りました。


きききき汚いっ!
ここ、一応大学だよね?
夏休みでもないから普通に使ってるんだよね?
何だよー!この大学は!
私、こう見えてトイレには厳しいの!
トイレの神様が怒るよ!?


こころの中でブツブツ言いながら用を足しました。
お下品な話にはなりますが、用を足し終わりトイレットペーパーに手を伸ばしました。
(女の子だってオシッコくらいするのよ!)


すると・・・


無い!無いいいいいいい!
トイレットペーパーが無いじゃないかぁぁぁぁ!
ここのトイレ汚いだけじゃないんかい!
紙も無いなんて!!!


ううう・・・。
私ティッシュなんて持ってたっけ?
入れた覚えが無い・・・。
でも、もしかしたらあるかも・・・。


ダメ元でバッグを漁ったところ、ありました!
半年くらい前に街頭でもらったポケットティッシュが!


神様仏様ティッシュ様ぁぁぁぁ!!!
ありがとうございます!
私に運をくださってぇぇぇ!!!


意気揚々とティッシュを使い、トイレを出ました。

試験前に思わぬトラップに遭ったぜ!
さ、気を取り直して教室へ向かうか。


そして教室のドアを開けました。
そこにはさらなる試練が待ち受けていたのでした・・・。


長くなりそうなので、次回に続きます。
試験の結果も乞うご期待^^;


誕生日プレゼント

こんばんは!

10月3日(日)、わたくし一つ歳をとってしまいました。
もうこの年齢になるとめでたくもなんとも無いんでが。。。涙

おまけに毎年この時期は誕生日どころじゃないの!
毎年毎年落ち続けている宅建の勉強で!
ここ最近誕生日にいい思い出ないなぁって思ってたら
ああ、毎年この時期は宅建で死に物狂いになってるんだった。
せっかくの20代前半の誕生日を、宅建の嫌な思い出とともに
過ごしていたとは。。。
なんてナイーブになりつつ、本日の日記始めますよー!


誕生日当日。
もう喜ぶような年齢でもないので、ひっそりと仕事をしていました。


すると1本の電話が・・・。

客:「あ、○○さん!?ガミガミガミガミガミ!!!」

私:「はい・・・。はい・・・。はい・・・。」

客:「ガミガミガミガミガミ!」

私:「はい・・・(はぁ、今日は誕生日なのにクレームかよ・・・)」


出勤早々お客さんからクレームの電話が入りました。
この仕事って、自分が悪くなくても怒られることが多いから
ストレス溜まるんだよね。
物件を扱う仕事だから、仕方が無いんだけどさ。


朝から暗い顔で、ため息をつきながら仕事をしていました。
今日が私の誕生日だなんて、みんな知らないんだよな・・・。
まぁいいんだけど。
祝ってもらうような年齢でもないしさっ。
ちくしょうっ!


私:「はぁ・・・。」

副店長:「誕生日なのに、朝から災難だな!」

私:「ふ、副店長!覚えててくれたんですか!?」

副店長:「あれだけアピールしてたんだから皆覚えてるよ。」

私:「え?アピールなんてしましたっけ?」

副店長:「先週から、次の日曜は誕生日なのに仕事なんてヤダー!って一人でブツブツ言ってたじゃん。」

私:「え?私そんなこと言ってました?」

副店長:「え?一人でブツブツ言ってたの気づいてないの?」

私:「全然気づいていませんでした!ガハハハハ!」

副店長:「・・・。」


どうやら、勉強のしすぎで頭がどうかしてたみたい^^
うふふ、誕生日アピールしてたなんて!私ったらシタタカさん^^


加藤さん:「お前が、10月3日は誕生日だブヒー!ってうるさいからプレゼント買ってきてやったぞ!」

私:「え!?プレゼント!?やだ!加藤さんったら!うふふ^^」

加藤さん:「ほらよっ!」


加藤さんはぶっきらぼうにビニール袋を差し出しました。

中に入っていたのは、


ジャジャーン!

『ヒアルロンサン入り栄養ドリンク』!!!


えー!
コメントのしようがないよー!
8本も入ってるしー!
これで若返れっての!?

ま、まぁ、せっかくのプレゼントだし^^
せっかく私のために買ってくれたんだし^^
よ、喜ばなきゃ!


私:「あ、ありがとうございます!あ、あはははは!こ、これ私大好きなんですよ!
   もうお肌も下り坂だし?ウワーイ!嬉しいなぁ!」

加藤さん:「ぐふふふふ^^」


喜んだ私の顔を見て、加藤さんも満足げでした。


私:「さてと、冷蔵庫で冷やすとするか・・・。」

副店長:「ん?それどしたの?」

私:「加藤さんくれた誕生日プレゼントです。」

副店長:「へ~。あいつも気がきくなぁ!」

私:「えへへ^^」

副店長:「あ、俺もお前んちに送っておいたから!誕生日プレゼント」

私:「え!?本当ですか!?」

副店長:「グヒヒヒヒ!大人のオモチャをね!グフフフフ!」

私:「それが本当なら、セクハラを通り越して犯罪ですよ!」

副店長:「グヒヒヒヒヒ!」

私:「・・・。」


このセクハラオヤジ!



毎年10月は宅建のせいで休まることがありませんが、
泣いても笑っても試験は来週!
がんばるぞぉぉい!


人気ブログランキングへ
↑よかったら押してくださぁぁぁい!

天の神様

私は今年も、あの忌まわしき資格を取るためノイローゼになりながら勉強しています。
その資格とは・・・

宅地建物取引主任者!!!

不動産関係者には無くてはならない資格です。


なのに、私は過去2年に渡って落ち続けているのです。
頭が悪すぎるばかりに・・・。
い、いや、頭が悪いからじゃないやい!運が無いんだい!

・・・そんなドブネズミを見るような目でこっちを見ないでください。

ちょっと・・・ちょっとでいいから言い訳を聞いてください!ワン!


毎年それなりにがんばって勉強はしてるんですよ。
1回目の受験のときなんて、それはもう血眼になって勉強したものですよ。
2回目のときだって、職場の皆に嫌味を言われながら休みを取ってまで勉強したものですよ。


当日は体調も整え、万全の態勢で挑んだわけです。



1回目


よし!残すところあと10分!
最後の見直しだ!

・・・うーん、この問題1か3で迷ってるんだよなぁ。
最初は1って書いたけど・・・やっぱり3のような気がする。
よおし!ここは一世一代の賭けだ!
3番だい!!!


そして、合格発表の日。


うわぁぁぁぁぁぁああああああぁぁぁぁぁああああん!!!
1点足りずに落ちたぁぁぁぁ!
しかも最後の最後で変更したあの問題、1番で合ってたぁぁぁぁぁ!
ナンテコッタイ!!!


そして2回目。


今年こそは・・・!今年こそは死んでも受かってやる!
(宅建の試験は年に1回しかありません)

もう去年みたいに、最後に答え変更とかしないぞ!
自分の直感を信じよう!
特に今年落ちたりしたら、職場の皆に何を言われるか・・・。


加藤さん:「お前本当にバカだな!俺なんて寝てたら受かってたぜ!グフフフフ!」


なんて言って馬鹿にするに違いない!

今年も体調は万全だし、絶対受かってやる~!!


そして、気合を入れて挑んだ試験も残り10分になりました。



ぬぁんてこったい~!
またしても、2択で迷ってしまったぁぁぁぁ!(4択の問題です)
2と3、どっちだぁ!!!!!
直感を信じて2でいくか、それとも3に変更するか・・・。
これはガチでわからん!

し、仕方が無い・・・ここは王道「どちらにしようかな」で決めるしかない!


「どちらにしようかな、天の神様の言うとおり!鉄砲撃ってバンバンバン!
 もひとつおまけにバンバンバン!」

さ、3になってしまったぁぁぁぁ!
直感なら2なのに、天の神様は3っとおっしゃっている・・・。
自分を信じるか、天の神様を信じるか・・・。


うううううーん、うううううーん・・・


か、神様ーーー!わたくし、神様を信じますーーー!


3番を選択しました。


そして、合格発表の日。



ぬぬぬぬぬぬぁぁぁぁぁぁあああんてこったい!!!
またしても!またしても!1点足りずに落ちたぁぁぁぁぁ!!!
しかも!しかも、あの問題!
2番が正解やんけーーー!!!

天の神様!どうしてくれるんだい!わたしの宅建人生どうしてくれるんだい!
この1年間の雪辱をどう晴らしてくれるんだい!




・・・というわけで、運が悪くて落ちちゃったわけですよ^^
え?お前の頭が悪いからだって?
空耳かなぁ?


今年は3度目の正直!
しかし、2度あることは3度ある。
どっちなんだい。

試験は10月17日なのに、ブログなんて書いてる場合じゃないのに、
やる気が出ないのは何ででしょうか。
ホントにダメ人間。


えへへ、でもね、こないだ行った占いで
「今年は絶対に合格しますよ!」
って太鼓判押されたんだよね。
うふふ^^
だからもう勉強なんてしなくても大丈夫だよね?

うふふ^^

それじゃ、今日はおしまい!

プロフィール

ゆうな

Author:ゆうな
不動産会社で女性営業マンとして働いております。
激務との戦いで干物女化が進んでます!!


以前、
大学生コンビニ店員のブログ
というブログを書いていました。

またマイペースに更新していきます。


誕生日:10月3日
血液型:A型(かなり疑わしいが)
趣味:ダイエット・読書・映画鑑賞・飲酒
特技:リバウンド・人の顔を覚えること

学生時代はコンビニ店員、
現在は不動産売買仲介営業をしております。

苦手なこと:整理整頓、継続すること

人を楽しませることは大好きです。
コメント頂けると飛んで喜びます。
飛べる豚です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
らんきんぐ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。