アクセス解析 人気ブログランキングへ 2○歳女性会社員のブログ 記念すべき第一弾は恐怖日記・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念すべき第一弾は恐怖日記・・・。


はじめまして。
都内で会社員をしております、2○歳(心はいつまでも20歳)の女でございます。
趣味はダイエット、特技はリバウンド、
マイブームは酒を飲みながらテレビを見る・・・
まあ、いわゆる今流行の干物女です。

学生時代もブログをやっていて、
いろいろな交流を持てて楽しい思いをしたので、
最近のストレス社会を打破するために
なんとなくストレス発散がてら、また始めてみました。

つらつらとどうでもいいことを書いていきますが、
たくさんの方に読んで笑ってもらえたらうれしいなあ・・・なんて思ってます。デヘヘ。


さてさて、タイトルにも書いた恐怖日記なんですが・・・
先日職場の上司と飲みに行ったとき、なんとも恐ろしい出来事があったのでした。。。


私も不動産屋さんで働きはじめてから1年とちょっとが経過しました。
やはりブラック企業が多数ある不動産業界だけあって、
帰りが遅い!毎日21時すぎくらいまでは当たり前に働いています。

その日も21時すぎくらいまで働いていて、周囲の様子を見渡しながら
帰るタイミングをうかがっていました。


はぁ・・・店長(40代男性妻子持ち、サーファー、突然キレるくせがある)早く帰らないかなぁ。
村田さん(仮名、40代男性妻子持ち、普段は真面目だが酒乱)も・・・。
上司が帰らないと帰りづらいんだよーーー!!!

パソコンの電源を落として、こっそり帰ろうとしたそのときのこと・・・

店長:「○○(私)!!飲みにいくぞー!」

キ、キター!

私:「は・・・はい・・・。」


上司の命令は絶対なのです。
早く帰ってビールを飲みながらドラマを見たいと思っていても、
この誘いを断れるわけがありません。
今週何度目だよ、と思いながらも笑顔で店長たちについていきました。


店長:「さて、どこで飲むかなー」

村田さん:「あ、あそこの焼き鳥屋がいいんじゃないですか?」

私:「あ、あそこ月曜は休みですよ。」

店長:「ふふふ・・・じゃああのカワイイお姉ちゃんがいるあそこの居酒屋にしよう。げへへへへ!」

私:「(・・・エロじじい・・・)は、はい!かしこまりました!」

村田さん:「あそこの居酒屋って少し古びた駅前の居酒屋のことですか?」

店長:「そうそう^^」


そして私たち3人は居酒屋に移動しました。


3人:「カンパーイ!」


生ビールを飲み始めたとき、
同僚の相川さん(仮名、30代後半、妻子持ち、ねちっこい性格)が合流しました。

店長:「おー!相川!遅いじゃないか!まあ飲め飲め!」

相川さん:「ありがとうございます。・・・ぐふふ、しかしあのお姉ちゃんはいい足してますねぇ。」

店長:「ぐふふふふ。」

私:「(このジジイ共め・・・)」

相川さん:「○○さんもあれくらい痩せたほうがいいんじゃない?」

私:「余計なお世話です!」」



オジサンたちの相手も仕事のうち。
酒は嫌いじゃないし、付き合うくらいはしなきゃな!

そう思いながら飲んでいると、
店長が突然心霊体験談を話しはじめました。


店長:「そういえばさ、俺が営業時代に担当していた家があったんだけどさ・・・。
    その家がいわくつきの家だったんだよ・・・。」

私:「えー!そんな家があったんですか!?」

店長:「そうなんだよー。でさ、ホームページに載せる写真を撮りにいったんだけど・・・。
    写っちゃったんだよ・・・それもウジャウジャと・・・。」

私:「(ゴックン・・・)」

村田さん:「え、何が写っちゃったんですか?」

店長:「無数の霊がそこかしらに写っちゃったの・・・。」

私:「ヒ、ヒエェェェェ!」

相川さん:「ヒ、ヒエェェェェ!」

村田さん:「えー、それって光の加減とかじゃないんですか?」

店長:「違う違う!マジで写ってたの!」

村田さん:「まさか~!」

相川さん:「こ、ここここ怖いですねぇ・・・。」

私:「でもまさか本当に幽霊なんているんですかねぇ?」

店長:「いるんだってば!まったく信用してないなぁ!」

村田さん:「じゃあ、ためしにここで写真撮ってみます?」

店長:「そうだなぁ。怖い話してるからもしかしたら寄ってきてるかもよ・・・グヒヒヒヒ!」

村田さん:「ぐふふ・・・じゃあ手始めに○○さん(私)を撮ってみましょうか。」

私:「えー!いやですよぉ・・・もし写っちゃったら怖いし・・・。相川さんにしてください!」

相川さん:「俺はやだよ!」

村田さん:「さあさあ、下っ端なんだから文句言わない!ハイ!チーズ!」



古びた居酒屋だし、怖い話した後だし、本当に何か写りそうなイヤーな予感がしたので
激しく拒否をしたのですが、下っ端の意見など聞き入れてもらえず・・・
村田さんが携帯を取り出して・・・


パシャリ

1枚撮られてしまいました。


店長:「どれどれ・・・・・え・・・?ええぇぇぇぇ!!??」

村田さん:「!!!!!!!!!!!!」

相川さん:「アワワワワワワ・・・・」

私:「え?え?え?え?何ですかその反応は!?」

村田さん:「い、いや、光の加減もあるしさ・・・ここは暗いし、反射したのかもだしさ・・・ハハ」

店長:「い、いや、これはヤバイだろう!」

相川さん:「ブルブルブルブル!」

私:「え???何ですか!?ちょっと見せてください!」


村田さんの携帯を取り上げました。

そこに写っていたのは、
丸々と太った私と青白い手・・・。
私の肩の後ろあたりから、青白い手が伸びてきていました。


私:「・・・・・。」

村田さん:「ま、まあ気にするなって!きっと光の加減だから!」

店長:「ねえ、ためしにもう1枚撮ってみない?光の加減かもしれないしさ・・・」

私:「はい、ぜひそうしてみてください!」

村田さん:「う、うん、そうだね。じゃあもう一枚!」


パシャリ


村田さん:「・・・・・。」

店長:「・・・・・。」

相川さん:「も、もう帰ってもいいですか・・・?」

私:「え?え?え?」

村田さん:「はい・・・。」


村田さんは、私にそっと携帯を差し出しました。

そこに写っていたのは・・・



次回に続きます。
これ、実話です!


人気ブログランキングへ
たくさんの人に読んでもらいたいのでランキングに登録しました^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゆうな

Author:ゆうな
不動産会社で女性営業マンとして働いております。
激務との戦いで干物女化が進んでます!!


以前、
大学生コンビニ店員のブログ
というブログを書いていました。

またマイペースに更新していきます。


誕生日:10月3日
血液型:A型(かなり疑わしいが)
趣味:ダイエット・読書・映画鑑賞・飲酒
特技:リバウンド・人の顔を覚えること

学生時代はコンビニ店員、
現在は不動産売買仲介営業をしております。

苦手なこと:整理整頓、継続すること

人を楽しませることは大好きです。
コメント頂けると飛んで喜びます。
飛べる豚です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
らんきんぐ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。